【YouTuber志望必読】 ユーチューバーに向いた人が持つ 素質・能力

【YouTuber志望必読】 ユーチューバーに向いた人が持つ 素質・能力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好きなことで生きていく」。最近始まったYouTubeのCMです。
これに魅せられ、ユーチューバーに憧れた人は多いのではないでしょうか。

しかし、実際どんな素質を持った人がユーチューバーに向いているのでしょうか。人気ユーチューバーの共通点やインタビュー記事、動画を元に解説します。

※この記事での「ユーチューバー」とはヒカキンのような喋りをメインにしたユーザーに限定します。

ユーチューバーに向いている人の4つの素質


1. クリエイティブである
2. 好きなものを突き詰められる
3. 人付き合いが上手い
4. 継続して努力を続けられる

人気のあるユーチューバーは、ずばりフランクで魅力的な人です。

ユーチューバーのメインアクティブユーザーは小中高生と言われていますが、彼らはプロのハイクオリティ動画より、共感ができる友達になりたい人を優先的にチャンネル登録する傾向にあります。具体的には視聴者と積極的に交流したり、他のユーチューバーとも仲良くできている人は視聴者の共感度が高まりやすいです。

しかし、「良い人である」のと同じくらい大切なことが、魅力的な動画作りを継続できることです。何にでも継続性は重要ですが、視聴者は一回一回の動画を意外と「前より面白かった、面白くなかった」という視点で見ています。一度視聴者に動画を気に入ってもらえても、次にアップした動画で見込みが無いと判断されればチャンネル登録にはつながりません。

ユーチューバーに求められる3大スキル

クリエイター・エンターテイナーであれ

ユーチューバーは常に視聴者を飽きさせないクオリティの動画をコンスタントにアップできなければなりません。動画のアイディアから撮影、編集もひとりでやるため並でない創造力が必要になります。

特にファンが付いてからは、より自分のハードルをあげて動画作りに取り組む必要があり、つまらない動画やマンネリは簡単に視聴者の離脱につながります。

くだらなく見えるネタ動画も、YouTubeには多くありますが、そんな動画でも、ネタはユーチューバーが厳選した物で、視聴者を思いっきり楽しませようと作っていること。また、印象に残らない動画が多い中、ちょっとでも視聴者に印象を残す動画は多くの工夫がされていることを忘れてはいけません

●ヘルメット取る時誰が一番イケメン選手権!!(東海オンエア)

●メントスで槍を作ってコーラにブッさす coca cola mentos (はじめしゃちょー)

伝わる表現力を磨け

自然体に見えるユーチューバー。これなら自分も話すのは得意だしいけるか?
と思う方は一度自分を動画でとってみてください。彼らの恐ろしさが分かります。

ユーチューバーのすごいところは動画の中での表現力です。
普通に話しているように見えて、様々なことを器用にこなしています。

例えば声のトーン抑揚スピードワードチョイスはもちろん、
視覚的な表情ジェスチャーにもこだわっています。

また、これらの表現をしていくなかで、さらに「自分はどういうキャラなのか」「他のユーチューバーと何が違うのか」というオリジナリティを出すことも大切です

●ひさびさに体重を計ったらとんでもないことに!WiFi Body Scale / 隙間男 (瀬戸弘司)

●明日から使える!「今でしょ!」の高度な使い方12選 / いつやるか?今でしょ! (瀬戸弘司)

視聴者と向き合え

ユーチューバーにとって視聴者を大切にし、適切な距離で関わっていけるかはとても重要です。

視聴者との関係は現実世界で友達を作る時と同じように、馴れ馴れしすぎても、自分を隠しすぎても上手くいきません。「画面ごしなのに?」と思うかもしれませんが、実際多くの視聴者はユーチューブを部屋で一人で見ています。なので動画内では視聴者とユーチューバーの「1対1」の関係がいかに心地良いかが重要になるのです。

動画越しでも、友達に語りかけるように人の温かみをあたえられる人がユーチューバーです。

●英語の勉強方法で困っている皆さんへ / Understand your learning style (バイリンガール英会話 Chika’s English Lessons)

●英語なんて必要ない!けど…その考え方ってどうなの? (バイリンガール英会話 Chika’s English Lessons)

まとめ

当たり前のことですが、ユーチューバーは人としてモテる人がチャンネル登録数を伸ばします。なので、これからユーチューバーになりたいと思う方はとにかく日々人生を楽しみ自分の魅力をどんどん伸ばしてください!魅力的であれば、撮影スキルや編集作業はいくらでも後からついてきます。

余談 昔ユーチューバーでした

余談ですが筆者は2年前、YouTubeにハマりすぎてユーチューバー的な活動をしていました。動画のネタ、構成、台本を考えるのはもちろん。照明器具が無かったので朝日のある時間にデジカメやパソコンのインカメラで撮影をして夜遅くまで編集していました。最初の挨拶の言葉を統一したり、部屋の壁に絵とかも飾っていたりしたんですよ(笑)。

ただ結局、数分の動画でも撮影は撮り直しを含め数時間かかるし、編集作業にも丸一日かかってしまう。なのに再生数はなかなか伸びないしコメントも来ない。という理由で10個程動画を作って早々、辞めてしまいました。なので個人的にユーチューバーをとても忍耐強い人と認識しています。ユーチューバーは魅力的で夢に溢れた存在なので、この記事を書いてまた再開したいなと感じちゃいましたね。

この記事を書いた人

author by 藤井 和香

藤井 和香

宝塚を愛する乙女。元星組トップの柚希礼音で宝塚にはまり今では星・月組中心に観劇しています。体力余っているときは会社帰りに日比谷で出待ちバリバリです。

投稿記事一覧