「ファッション系キュレーションアプリ×インフィード広告」。活性化はこれから!

「ファッション系キュレーションアプリ×インフィード広告」。活性化はこれから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のテーマは「ファッション系キュレーションアプリ×インフィード広告」です。

このご時世、「オトメンという言葉にピンとこない、、、」なんて人は少ないと思いますが、その一環でしょうか。男性でも今どき女性が大好きなMERYやiQonをチェックしているっなんてことがあるんですよ。

自分もその1人?いや~まあ話しのタネに、そういうアプリをたまに見ているのですが、そこで私の目につくのがインフィード広告なんです。
この広告は、すごく自然だなーと感じたり、これは強引?、いやこれは〇〇なユーザーをターゲットにしている?など考えてしまいます。

そこで今回は、私が見つけたファッション系アプリにおけるインフィード広告の事例をまとめてみます。(少し脱線もする予定もありますが)

●目次
  ・ファッション系アプリとインフィード広告  
  ・ファッション系アプリは事例が少ない?
  ・バーティカルメディアとインフィード広告の現状
  ・インフィード広告に挑戦したいときは?
  ・「Anntena」がスゴイ!インフィード広告活用のお手本
  ・インフィード広告の未来


とその前にインフィード広告とはなんでしたっけ、、、?簡単に説明します。

インフィード広告とは、ネイティブ広告の1つです。ネイティブ広告は端的に言うとコンテンツに近しい内容を訴求する広告で、その類のうち、FaceBookで言うタイムライン(ニュースフィード)に流れてくる広告がインフィード広告であります。

全力ブログでは以前に次世代襲来ッ!インフィード広告がやってきた!でも基本的な概念を紹介しております。

ファッション系アプリとインフィード広告

  • iQonアプリ内
  • 広告と遷移1
    広告と遷移2

    フィードにこのような広告が出現します。ファッションというカテゴリからは、はみ出ない内容で商品を訴求できています。遷移先はそれぞれのサイトの詳細ページです。

    広告はiQonADというものに当ります。
    参照:http://gamebiz.jp/?p=136036

    
    
  • macaronアプリ内
  • macaroni

    人気記事一覧のインフィードですが、サイトの方向性とは直結しない内容のアプリの広告があります。かわいいもの好きの女子をターゲットにしている点で良さそうです。ちなみにこのアプリ自分もやってました。

    また、ひとつ巧妙だと思うことがありました。
    インフィード広告を敢えてまとめて表示するページ、「おしゃれ女子向けアプリ」一覧のカラムを作っていました。

    
    
  • MERY(Web)
  • さらーと眺めてみましたがインフィード広告は見つかりませんでした。まだやっていないのかもしれません。

    念のためMERYへの広告掲載について調べてみましたが、MERYの広告掲載に関する具体的な紹介はなくインフィード広告の掲載についてもわかりませんでした。

    
    
  • iemoアプリ内
  • インテリア関連ですが自分はファッションと捉えました。
    こちらでもアプリを散々スクロールしましたがインフィード広告は見当たリませんでした。実際はネイティブ広告として、記事広告やインフィード広告を受け入れていました。
    参照:http://iemo.jp/advertisement

ファッション系アプリは事例が少ない?

インフィード広告を含めたネイティブ広告を取り扱うサービスは次から次へと生まれています。

  • 止まらない新規参入。8月以降5社の新規ネイティブアドネットワークが登場し、計23サービスに。
  • adingo、Zucks提供のインフィード型ネイティブ広告の配信を開始
  • キュレーションマガジンAntenna[アンテナ]が「BRAND Ad NETWORK」の提供を開始
  • しかし、上記で紹介したアプリの中でインフィード広告を行っていたものは1/2つ。事業者の増加に対して、ファッション系キュレーションアプリでは実際に表示されている事例があまり見えてこないのです。

    ネイティブ広告ネットワーク関連の事業者の増加に対して、ファッション系アプリはインフィード広告事例が少ないように思えます。

    バーティカルメディアとインフィード広告の現状

    バーティカルメディアとはコンテンツの幅を限定しているメディアです。

    バーティカルメディアの強みは、ファッションならファッションで、「このアプリ/サイトへ来ればファッションに関して欲しい情報が必ず手に入る」という魅力を武器にUUやPVを増やしていくことです。

    しかし、現状のインフィード広告ではUXを高めることは難しいように感じます。広告主にとっては効果のよいインフィード広告ですが、枠を提供するメディアがなかなか増えないという状況なのかもしれません。実際に事例で上げた有名キュレーションサイトでさえも、インフィード広告が見つからなかったものがありますし。

    インフィード広告に挑戦したいときは?

    ファッション好きなオーディエンスをターゲットにした商品やサービスの広告主としては高いパフォーマンスを狙える広告だと思うので、自分が担当者だったらぜひ挑戦してみたいサービスです。

    ただその時の注意点となるのが広告の見せ方。ダウンロードや購入が増える一方で、ヘタをすると企業・サービス自体にいい印象を残すことが難しくなるかも知れません。
    できるだけインフィード広告と商品詳細ページの間にプロモーション記事を挟む形、いうなれば「インフィード×コンテンツ広告」の導入も並行して考えていくべきですよね。

    ちなみに、この種の広告配信サービスは存在しています。
    ・スマートデバイス向けネイティブ広告ネットワーク「Smarti™ Native Feed」サービス開始のお知らせ – See more at: http://aw.dw.impact-ad.jp/x/WjK6Y3

    ・「ネイティブ広告」って何?現状と近未来、課題と注目プレーヤーをまとめる

    「Anntena」がスゴイ!インフィード広告活用のお手本

    anntena
    キュレーションマガジンのAnntenaではECページもあるって知ってました?Anntenaは通常の記事と共にユニークな商品をフィード上に流しています。その遷移先はあたかも商品プロモーションの記事であるように感じます。しかし、実際はECで、きちんとアプリ内で注文まで完結できる作りになっています。

    もし仮に、Anntenaの全てのショッピング記事にsponsoredと書かれていても自分だったら気にせずクリックします。広告だとわかっていてもその先にユニークな商品の紹介記事が待っているからです。

    macaroniの「女子に人気のアプリ」のページと同様、このショッピングのページにインフィード広告的広告を束で流したらどうなるのでしょうか?

    「広告を敢えてひとつのページにフィードして堂々とショッピングページと言う!
    でもページには広告らしい押し付けがましさ無くまるでコンテンツを見ているかのよう」

    こんな仕組みがいつかできるかもしれませんよ!

    インフィード広告の未来

    あなたはECサイト運営者ですか?それともアプリのプロモーション担当ですか?それともバーティカルメディアの運営者ですか?

    それぞれの立ち位置に依ってインフィード広告との関わり方は異なりますが、いかにユーザーに満足してもらえるような見せ方や経験を提供するかという課題は今後どんどんクリアされていくでしょう。その時には今以上に効果抜群の広告として業界にインパクトをもたらすはずです!

    この記事を書いた人

    author by 松下 大紀

    松下 大紀

    ITの世界は知れば知るど面白い。この業界に出会ってからというもの、直向にデジタルマーケティング界隈の勉強に励む。趣味はダンス。

    投稿記事一覧