膨大なタグをサクサク管理!タグマネージャー入門

膨大なタグをサクサク管理!タグマネージャー入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。
「タグマネージャーでタグを一元管理できる」
この言葉はWebマーケティング界隈にいる人なら一度は聞いたことがある言葉なのではないでしょうか。

”一元管理できるのなら一元管理した方が良いと思っているがまだタグマネージャーを導入していない”なんて方に向けて、今回はそんなタグマネージャーについてみていきます。

タグマネージャーって何ができるの?

近年では、アクセス解析タグやリターゲティングタグ、広告コンバージョンタグ、レコメンデーションタグ、DSPタグなどタグの種類も量も増えてきました。

タグの種類と量が増えれば必然的にソースページを占めるタグの割合が多くなり、新たにタグを埋め込んだり削除したりという作業が煩雑になってしまいます。

この多くなったタグを全て一括で管理することができるのがタグマネージャーなんです!

「一元管理できるとは言うけど、ここで言う『管理』って何?」というところがタグマネージャーがしっくりきていない人に共通する疑問ではないでしょうか。

具体的な「できること」は2つ

具体的にどんなことができるのか、大きく2点あります。
まず1つ目は、サイトに埋め込むタグは1つでよくなるということです。

ユニバーサルタグと呼ばれる代表タグを一つ埋め込めば、その他たくさんのタグはタグマネージャーで管理すればOK。サイトに直接、たくさんのタグを全て埋め込む必要がなくなるのです。

ソースページに挿入するタグの数が減り、ページがシンプルになることによって、結果的にページの読み込み速度が向上するなどのメリットがあります。


2つ目はタグの追加、削除が簡単に行えるということが挙げられます。

簡単にとはつまり、ソースページを触らなくても良いということです。タグマネージャー上でタグの追加、削除が行えるので、いちいちソースページの複雑な画面を見る必要もないですし、運用工数も削減することができます。

タグマネージャーを利用するとソースページも運用工数もシンプルになって良いですね。

導入の注意点

しかし、メリットだけではなく、タグマネージャーを導入する上で気を付けなければいけない点もあるんです。

1つ目はサイトの動作に悪影響を及ぼす可能性が全くないとは言い切れないということです。

タグマネージャーとWebサイトの相性が合わなかったり、タグマネージャーを導入してみたけどタグに対応していないなどということがあっては本末転倒です。

しかし、これらの問題は事前に対応可否の確認を行うという1ステップを踏むだけで分かることですので大きな問題ではないと思います。


2つ目はサイトの構造や仕組みを理解していないといけないということが挙げられます。

そうでなければページの設定ミスなどに繋がり、効果の計測が正しく行われない可能性があるからです。ですが、導入前にしっかりとサイトの構造を見直しておけば問題ないと思います。

タグマネージャーは、一度導入してしまえば様々な煩雑なものが解消されるのですが、導入するまでのハードルが若干あるというのも事実でしょう。

archives/12701

これから増えるタグマネージャー

現在では以前よりもタグの種類も数も増えてなかなか管理するのが難しい状況になってきています。そのため、タグマネジメントツールの存在価値も大きく向上しています。

存在は知っていたけれど導入していなかったというWeb担当者の方も多かったのではないでしょうか。タグの数が減らない限りタグマネジメントツールの存在意義は高まる一方ですし、今まで導入していなかった企業の方々がこれから今後数年の間に数多く導入していくものと考えられます。

この機会に一度、是非タグマネージャーを導入してみてはいかがでしょうか。

★参考:タグマネージャーの重要性と用途で使い分けるYahoo!タグマネージャーとGoogleタグマネージャ
★参考:タグマネージャーってタグを管理するだけ? いえ、今や高度なマーケ施策を可能にする機能もあるのです

この記事を書いた人

author by 目黒 龍平

目黒 龍平

北海道札幌市出身の道産子。実はサッカー部でガリガリのくせになぜかゴールキーパーだったという。この業界ではまだまだひよっこですが、全力でがんばります!

投稿記事一覧