ECだけじゃない!商品リスト広告(PLA)の機能拡張!~ 宿泊プラン、リアル店舗導線など~

ECだけじゃない!商品リスト広告(PLA)の機能拡張!~ 宿泊プラン、リアル店舗導線など~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

前回に引き続き、今回のトピックも「商品リスト広告(以下、PLA)」です。
第2回目は、PLAの比較的新しい機能についてご紹介していきたいと思います!

前回ご紹介したPLAの基本や導入手順、データフィードの設計についてはこちらからご確認ください。
第1弾:マイクロモーメントを捉える!話題の商品リスト広告(PLA)とは!? ~ PLAの基本からデータフィード設計まで ~

第3弾:商品リスト広告(PLA)の掲載商品数が16個に増加!?Googleが機能拡張をテスト中

目次

  • 商品リスト広告でもリマーケティング機能が利用可能に!
  • PLAの拡張〜バーティカル(業界別)広告機能の強化〜①自動車広告
  • PLAの拡張〜バーティカル(業界別)広告機能の強化〜②ホテル広告
  • 商品リスト広告の拡大表示
  • 口語検索への対応
  • リアル店舗への誘導を強化
  • PLA最新動向まとめ

1:商品リスト広告でもリマーケティング機能が利用可能に!

2015年10月30日に発表された機能です。

Google AdWordsの一つに「リマーケティング広告」という、一度サイトを訪れたユーザーにターゲットを絞って再度広告を出す機能があります。
このとき、一度サイトを訪れているユーザーをリスト化した「リマーケティングリスト」というものがあるのですが、このリストを商品リスト広告でも使えるようになりました。
つまり、一度サイトを訪れたことのある人のGoogle検索画面に、商品リスト広告を出せるようになったわけです。

ターゲットを絞り、かなり効率的に広告表示できるので、コンバージョン率が285%アップした例もあるようです!
★参考:ショッピング向けリマーケティング リストのご紹介

2:PLAの拡張〜バーティカル(業界別)広告機能の強化〜
①Automotive ads(自動車広告)

今後モバイルにおいても、PLAが他の業種で使えるようになるかもしれません。

Googleは2015年5月版アドワーズの新機能発表において、業界別の広告機能の強化を発表しました。
まずは自動車に特化した広告メニューです。
モバイルからの自動車に関係する検索が伸びていて、Googleはそのニーズに応える形で「自動車広告」を提供するようです。

具体的には、車の外観や内観を見ることができる広告や、近くの販売店を表示する広告などが紹介されています。画像はカルーセル表示となっています。

archives/13634⑨

★参考:Building for the next moment

3:PLAの拡張〜バーティカル(業界別)広告機能の強化〜
②Hotel ads(ホテル広告)

以前にもテストを繰り返していたようですが、いよいよモバイルでもホテルの宿泊情報と予約に特化した広告が提供されました。
Hotel ads(ホテル広告)とは、ホテルの写真や宿泊費、レビューをまとめて参考にできる広告ですが、下記の画像のようにモバイルのフォーマットにも最適化された広告が表示されます。

archives/13634③

★参考:Building for the next moment


日本では、下記のように「楽天トラベル」や「Booking.com」といった表記が見受けられますね!

PLA

4:商品リスト広告の拡大表示

さらにGoogleは2015年7月、PLA広告の新しい機能をいくつか発表しています。
まずは商品リスト広告の拡大表示機能です。
下記のように、モバイルやタブレット上で表示されるカルーセル広告をスワイプすると、詳細情報が拡大します。

archives/13634⑩

★参考:Winning the shopping micro-moments

5:口語検索への対応

「OK Google! 湯島のおすすめのレストランは?」
こんなGoogleのCMを見たことはありませんか?Googleは、Google検索において口語でのコミュニケーション機能を強化しています。
そこで、今後は口語検索にも広告が表示されるようになるとのこと!
Best women’s Nike running shoes,などと呼びかけると、その検索結果にPLAが表示されるようです。

archives13634①

★参考:Winning the shopping micro-moments

6:リアル店舗への誘導を強化〜ローカル在庫広告〜

リアル店舗への誘導のため、ローカル在庫広告が表示される機会が増えていくようです。
ローカル在庫広告とは、PLAに在庫や価格などの実店舗の商品情報を盛り込み、実店舗付近にいる人に広告を訴求できるものです。
★参考:Google商品リスト広告(PLA)に実店舗の情報を盛り込める”Local Inventory Ads”でオムニチャネルを実現!

日本でも2014年の9月から利用できるようになっていましたが、Googleの調査によれば、オンラインのコンバージョン率を落とすことなく、クリックを2%増加させることができているとのこと。
この結果を受け、Googleはローカル在庫広告に力を入れていくと発表しました。オムニチャネルの重要性が叫ばれる中、重要な広告オプションになりそうですね!

archives/13634②

★参考:Winning the shopping micro-moments

7:PLA最新動向まとめ〜データフィード構築・運用サービス「DF PLUS」〜

いかがでしたでしょうか?

商品リスト広告の拡張機能をまとめて紹介しましたー!
今後もますます機能・対象業界を拡張していきそうなPLAは、要チェックですね!

さて、2回にわたってお送りしてきた商品リスト広告(PLA)の紹介は今日で終わりです。
本ブログを読んで商品リスト広告(PLA)に興味を持たれた皆さま、
ここからは再度の宣伝になるのですが、弊社では、商品リスト広告(PLA)配信時に肝となるデータフィード構築・最適化サービスを提供しております。単なる商品リスト広告用フォーマットへの変換だけではなく、豊富な実績・ノウハウを活かし、広告効果を高めるデータフィード設計でご支援させて頂きます。

また、DF PLUSをご利用頂くと、一度作成したデータフィード(商品データを提供する仕組み)を他の広告に転用することも容易に行えます。

例えば、商品リスト広告用に作ったデータフィードを、Criteo(クリテオ)などの他の動的広告にも活用する、といったことが可能になります。今後の広告戦略を検討される際には、ぜひご参考ください。

詳細のご確認、サービス概要、実績など、ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

DF PLUSお問い合わせ

この記事を書いた人

author by 高山 光

高山 光

カープファン歴17年の、カープ女子ならぬカープ男子です。 今後要注目だと思ったトレンドを、事例などを交えて、わかりやすくお届けしていきたいと思います。

投稿記事一覧