誰でもわかる!Google アナリティクス使い方入門

誰でもわかる!Google アナリティクス使い方入門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!目黒です!
今回はみなさんも一度は使ったことがあるであろうGoogle Analytics(アナリティクス)についてです。
使ったことのある人がほとんどだと思うのですが、ちゃんと使いこなせていなかったり、漠然とした苦手意識がある人もいると思うので、Google アナリティクスの基本的な使い方について画像を交えてご紹介したいと思います。

そもそもですが、Google アナリティクスとは無料でアクセス解析が出来るツールです。
サイトのPV数や流入元などを把握できるため、サイトやブログなどの今後の方向性を決める分析にめちゃくちゃ役立ちます。
★Google アナリティクス公式サイト :https://www.google.com/intl/ja_JP/analytics/

今回は、押さえておきたい基本の使い方を目的別に見ていきましょう!

    目次

  • サイト全体のPV数、ユーザー数を知りたい!
  • どのページが良く見られているか知りたい!
  • 流入元を把握したい!
  • どんなキーワードで検索されているか知りたい!
  • どのデバイスから見られているか知りたい!

サイト全体のPV数、ユーザー数を知りたい!

まず始めに、セッションユーザーページビュー数などの主要な情報を一度に確認しましょう。

方法:[ユーザー→サマリー]から確認できます。
 
GA使い方_1 
このページを見ることで対象のサイトが月や日ごとでどれくらいの流入があるのか、どれくらいユーザーがサイト内を回遊しているのかが分かります。
 

用語チェック!

セッション:ユーザーがサイトに訪問した回数です
ユーザー:そのサイトを訪れた人数のことです
ページビュー:ウェブサイトやサイト内のページが閲覧された回数です
直帰率:他のページへ遷移せず、1ページしか閲覧されなかったセッションの割合です
参考:【初心者・新卒必見!】基本すぎるIT用語まとめ(基礎編)
 

POINT!

ページ/セッションの数字が極めて低ければ、ユーザーがサイト内を回遊していないということです。この場合、ランディングページを改善する必要があります。このように全体のサマリーを見ることでさまざまな問題点が見えてきます。

どのページがよく見られているか知りたい!

ここではサイト全体ではなく、ページ(ブログであれば記事)単位でのビュー数などが確認できます。

方法:[行動→サイトコンテンツ→すべてのページ]から見れます。
 
GA使い方_2 
ブログなど、どの記事が一番読まれたかなどを調べるときに最も活躍するページです。各ページのPV数直帰率なども同時に確認できるのでページベースで細かく分析することができます。
 

POINT!

デフォルトでは項目欄がページのURLで表示され、どのページのことを指しているのか一見分かりづらいので、折れ線グラフのすぐ下にある「ページタイトル」という部分を押してください。項目が記事のタイトルで表示されるようになり、見やすくなります。

流入元を把握したい!

このページではどの流入経路が最も影響力を持っているのかなどが把握できます。

方法:[集客→サマリー]で確認できます。
 
GA使い方_3 
サイトへの流入が検索エンジンからのOrganic Searchが多いのか、FacebookやTwitterなどのSocial経由が多いのかなどを確認できます。
 

用語チェック!

Organic Search:検索エンジン経由での流入
Paid Search:広告経由での流入
Direct:ブックマークやURLを直接入力したするなどの、特定の参照元が無い場合の流入
Social:FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア経由での流入
Referral:Social以外の参照元サイト(被リンクされているサイト)からの流入
 

POINT!

おそらくほとんどのサイトで最も多い流入チャネルはOrganic Searchではないでしょうか。Socialの割合が大きければFacebookやTwitterなどでの拡散がうまく行えている証拠でしょう。Referralの割合が大きければ、他サイトに多く被リンクされていたりfeedlyなどのRSSリーダーの登録者が多いなどと推測することができます。
このページから各流入チャネルの割合を把握することによって、サイトのユーザーがどのようなシチェーションでサイトに流入しているのかを推測するのに役立ちます。
参考:Googleアナリティクスで主な4つの流入元を調べる方法-ブログマーケッターJUNICHI

どんなキーワードで検索されているか知りたい!

検索エンジンからの流入と一口に言っても、ユーザーがどんなキーワードで検索してサイトへ流入しているのかを把握しておきたいところです。

方法:[集客→すべてのトラフィック→チャネル→Organic Search]または
[集客→サマリー→Organic Search]の2つの方法で見れます。
 
GA使い方_4 
どんなキーワードで検索されてサイトへ辿り着いたのかが不明だと、ユーザーのニーズを拾い損ねてしまうのでキーワードを把握しておくことはとても大切です。
 

用語チェック!

not provided:検索キーワードが不明
 

POINT!

「not provided」と表示されてしまうのは、Google、Yahoo!検索においてユーザーのプライバシーを保護する目的でSSLで通信を暗号化しているため検索キーワードが不明となるからです。残念ながらnot providedとなっている検索キーワードを正確に突き止める手段は、現状ありません。
また、狙った検索キーワードからの流入がちゃんとあるかどうかも要チェックです。

参考:not providedとは?検索キーワードを知る6つの方法-LISKUL

どのデバイスから見られているか知りたい!

流入元を把握したりどんな検索ワードで調べられているのかを知ることも大切ですが、どのデバイスから見られているのかを把握することもとても大切です。

方法:[ユーザー→モバイル→サマリー]で確認できます。
 
GA使い方_5 
desktop(PC)からの流入の多いサイトなのか、はたまたmobile(スマートフォンなど)からの流入の多いサイトなのかはとても重要です。
なぜなら同じサイトであってもdesktopとmobileでは見え方が大きく異なる場合があるためです。

POINT!

mobileからの流入が多い=スマホで見ている人が多いサイトにも関わらず、サイトをスマートフォンへ最適化していなければ、せっかくサイトを訪問したユーザーが直帰してしまう(直帰率が高い)こととなります。直帰率が高い場合、スマホサイトのUIを見直す必要があります。意外と見落としがちなデバイス別での流入数をぜひ確認してみてください。

まとめ

今回はGoogle アナリティクスの初歩的な使い方についてご紹介しました。
Google アナリティクスをマスターすればもっと多くの情報を汲みとって、より高度な分析を行うことが可能です。
しかし、そうなるには今回おさらいしたような初歩的な分析は出来て当たり前の基礎となりますので将来的に高度な分析を行えるようになるために今一度、基本を確認しておきたいですね。

この記事を書いた人

author by 目黒 龍平

目黒 龍平

北海道札幌市出身の道産子。実はサッカー部でガリガリのくせになぜかゴールキーパーだったという。この業界ではまだまだひよっこですが、全力でがんばります!

投稿記事一覧