【社員インタビュー】 井出彩乃さん コーダー

【社員インタビュー】 井出彩乃さん コーダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。目黒です。
今回はフィードフォースでコーダーとして活躍されている井出彩乃さんをインタビューしたいと思います!
ちなみに写真は、オフィスの受付にある看板のフィードくんとフォースちゃんというフィードフォースのキャラクターと共に写る井出さんです!
========================================

    目次

  • Q1.フィードフォースに入社を決めた理由を教えてください
  • Q2.現在の業務内容や、心がけていることを教えてください
  • Q3.FFの魅力について教えてください
  • Q4.人生において転機になった出来事などはありますか
  • Q5.休日はどのように過ごされていますか
  • Q6.最後に、今後の目標を教えてください

Q1.フィードフォースに入社を決めた理由を教えてください

フィードフォースは2社目で、以前は制作会社で働いておりました。
小さな会社の方が、自分が手を挙げた時に任せてもらえる仕事が多いのでは、と考えて社員数3人のベンチャー企業に就職しました。
入社してみると、実際に任せてもらえる仕事は多かったのですが、仕事を捌き切れず土日も出社して働いていたので、技術の勉強をする時間を確保することが難しかったため、転職を決意しました。
フィードフォースは、ワークライフバランスがとれている会社だったのでとても印象が良かったです。
面接を受けるに当たって、後の上司になる市野と面接の日程調整を行っていた際に、とにかく返信が早くてまめだったこともあり、仕事のできる人たちと働けるという安心感のようなものも感じました。
さらに、面接官である市野と話している時にも、人情を感じ、信頼できる人だと思ったので転職の決めての一つになったと言えます。
また、代表の塚田と最終面接で話した際には、自分と同じ目線で話を進めてくれたのでその柔和な雰囲気もとても好感が持て、最終的には入社を決意しました。

Q2.現在の業務内容や、心がけていることを教えてください

現在は「DF PLUS」というサービスのプロモーションサイトのリニューアルに携わっております。
※プロモーションサイトのリニューアルは2016年3月17日に終了しております。
私の仕事のスタンスとして、すぐに物事を共有するということを心がけています。
まだ入社して2年目になったばかりで、経験も多くはないので、報連相は徹底するように気をつけています。
また、制作の過程で何かあればすぐに声に出して意見することも気をつけています。
まだまだ諸先輩方のサポートを受けている途上の段階ではありますが、上記の2点には気をつけるように努力しています。
会社全体の雰囲気としても、年齢や役職に囚われずに意見が言える会社なのでそういった環境にも後押しされていますね。
仮に間違ったことを言ってもなぜその意見が間違っていたのかを必ず伝えてくれるので、同じミスを繰り返すことなく学ぶことができています。

Q3.フィードフォースの魅力について教えてください

とにかく人が良いことですね。
社内チャットツールとして使用しているSlackに何か分からないことや質問を投げると、必ず誰かが応えてくれます。
自分の直属の上司や同じチームでは無い人であっても親身になって応えてくれるので本当に助かっています。
また、残業することを良しとしない文化が根ざしているので、決められた時間の中でしっかりと仕事をこなすポリシーはとても魅力的に感じています。

Q4.人生において転機になった出来事などはありますか

私はもともと音楽の教員を目指していたため、クラシック音楽の勉強をしていました。
しかし、教員試験になかなか受からず、教員の勉強と平行してSEO対策を行う会社で働いていました。
そこでHTMLに初めて触れる機会がありました。
HTMLを用いてコードを書くことがとても楽しくなり、独学で勉強もしました。
ふと、人生のほとんどは仕事なんじゃないかと考えたときに、楽しいことを仕事にしたいと思うようになり、当時最も興味のあったHTMLを仕事にしたいと考えました。
そこからは職業学校に通い、必死に勉強をしました。
その結果、今こうしてコーダーとして働いています。
SEO対策を行う会社で働いたことは私にとってその後の人生に影響を与える転機になったと言えます。

Q5.休日はどのように過ごされていますか

もともと陸上をやっていたこともあり、運動することは大好きなので走ったりしています。
また、技術の勉強をしたりと有意義に過ごしています。
なかなか集中できない時はRPGのゲームを楽しんだりしています。
最近はwiiUで昔のゲームができるので、ライブ・ア・ライブやルドラの秘宝をプレイすることもあります。
少し古めですが、「ヴァルキリープロファイル」「ブレスオブファイア」「幻想水滸伝」「クロノトリガー」はオススメです!笑

Q6.最後に、今後の目標を教えてください

Web上で見る人を楽しませるようなアニメーションやエフェクトを開発していきたいと考えています。
今はまだWebの表面寄りな部分にしか携われていないのですが、ゆくゆくはバックエンド側などの視点なども学び、一つの事柄について多角的な視点で捉えることができるようになりたいと考えています。

========================================
井出さん、インタビューへのご協力ありがとうございました。
今コーダーとして活躍されている井出さんがもともと音楽の教員を目指しておられたことには驚きました!
何がきっかけで自分の仕事や生き方に影響を与えるかは本当に分からないなぁと感じました。
今の仕事に就くことになった経緯などを他の社員さんにももっとお聞きして発信していきたいと思います!

この記事を書いた人

author by 目黒 龍平

目黒 龍平

北海道札幌市出身の道産子。実はサッカー部でガリガリのくせになぜかゴールキーパーだったという。この業界ではまだまだひよっこですが、全力でがんばります!

投稿記事一覧