【速報】LINE CONFERENCE TOKYO 2016の大事なところ まとめ!

【速報】LINE CONFERENCE TOKYO 2016の大事なところ まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!太田です!

皆さん、昨日の「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」の様子はもう確認しましたか?

LINEにとっては2年ぶりとなるイベントで、見応えも十分でした。
重要な発表も多数あったので、今回はその2時間半にも及ぶ動画の要点を抜き出してみます!
怒涛の新発表の連続でした!

以下が目次になります!

目次

  • LINEの4つの事業について
  • プラットフォームビジネスについて
  • 広告プラットフォームについて
  • 決済プラットフォームについて
  • 驚きの新発表

張り切って行きましょう!

LINEの4つの事業について

LINEは現在

スタンプビジネス

ゲームビジネス

広告ビジネス

キャラクタービジネス

と柱となる事業を4つ持っているのですが、それぞれ新たにビジネス展開されるようです。以下、まとめていきます。

スタンプビジネス

新しいスタンプ表現「ポップアップスタンプ」
このスタンプはトークルーム全体に大きく表示され、アニメーションがあるというスタンプです。
動き終わると通常のスタンプサイズに戻ります。従来のスタンプよりインパクトがあり、よりいっそう相手へメッセージを伝えられそうです。
スクリーンショット (312)

ゲームビジネス

新サービス「ファクトリープロジェクト」
LINEはスマートフォン向けに様々なゲームアプリを開発してきましたが、これは外部と連携してゲームを作る取り組みです。

外部パートナーからLINE向けの案件を募集し、LINEが制作費支援を行いながら、パブリッシャーと二人三脚でゲームを作る流れになっています。現在は応募された100以上の案件を10件程度に絞る段階だそうです。

外部の知見を活かすことで、より一層、提供するゲームの幅、深さが拡がることが期待されます。

キャラクタービジネス

新キャラクター「CHOCO」
LINEに新キャラクターが登場します!なんとあの人気キャラクターブラウンの妹です。名前は「CHOCO」。
ファッションやトレンドに敏感な若い女性をイメージして作られたそうで、SNSを使いこなします。
スクリーンショット (313)

ユニバーサルスタジオジャパンとのコラボ
キャラクタービジネスの一環として、まずはユニバーサルスタジオジャパンとコラボするそうです。

スクリーンショット (314)

プラットフォームビジネスについて

現在、LINEでは、ビジネスアカウントとして、「LINE公式アカウント」、「LINE@アカウント」の2つが提供されています。

最近ではヤマト運輸と提携し、荷物の再配達をLINE上から頼むことが出来たり、ドミノピザとの提携では、LINE上でピザの宅配を依頼できるようになっています。

それらビジネスアカウントに関連した話で
3つの新機能
●クーポンブック
●ショップカード
●アカウントコマース
がリリースされました。

スクリーンショット (315)

クーポンブックは、ユーザーが企業のクーポンを探せるようになるという機能です。これまで、企業から提供されるクーポンは、トークルームに埋もれてしまうことがよくありましたが、それを改善できます。さらに、興味のあるクーポンに関しては、有効期限が尽きる前にプッシュ通知で知らせてくれます。

スクリーンショット (316)

ショップカードは、LINE上にポイントをためることができる機能です。店舗で買い物をする際に忘れがちなポイントカードが不要になります。

スクリーンショット (317)

アカウントコマースは、LINE上に企業が店舗を構えられるようになる機能で、業界最安値で出店できるというもの。この機能により、ユーザーはLINE上から企業の商品を購入出来るようになります。

広告プラットフォームについて

LINEの広告事業の方向性について発表がありました。
「LINE AD Platform for everyone」を目指していくそうです。
スクリーンショット (318)
つまりは、これまでLINEの広告ビジネスは大企業が主なクライアントでしたが今後は中小企業に向けてよりオープンな広告プラットフォームにしていくということです。今後、より一層のBtoCコミュニケーションの可能性が拡がることが期待されます。

具体的な発表としては、LINEのスポンサードスタンプを少額にして開放していくというものがありました。

現在、企業のスポンサードスタンプは最低でも1,000万円の費用が必要でしたが、誰でもスタンプを作ることが出来るクリエイターズマーケットを活用し、企業がクリエイターからスタンプを買い上げる形にして費用を抑えるようです。
クリエイターにとっては、スタンプでの課金収入の他に、新たな収入機会が増加することになります。

決済プラットフォームについて

決済事業についても新しい発表がありました。

現在LINEは決済サービスとして「LINE Pay」を提供していて、目指すところは「キャッシュレス、ウォレットレスの社会」の実現です。
いつでもどこでもチャージでき、オンラインでもオフラインでも使えるようにするのがミッションとのことでした。

それを踏まえて、なんとLINEはJCBと提携して…
スクリーンショット (319)
「LINE Payカード」を作ります!!

会場もざわつきます。もちろん僕もざわつきます。

JCBカードが使える店舗、国内国外問わず使えます。また、今夏からローソンと提携して、ローソンでカードにチャージが可能になるようです。

さらにさらに…
スクリーンショット (320)

新機能「LINEポイント」が出来ます!!!
LINEがついにポイントサービスに進出してました!

もちろんLINE Payカードとの連携も行い、ポイントの還元率は2%!なかなかお得です。

そんなわけで、さっそく私も申し込みました。ミーハーなので。

詳しくは公式ホームページをチェックです!
☆「LINE Pay カード」の発行を開始-LINE株式会社

驚きの新発表

「LINE Pay カード」、「LINEポイント」の発表で、「もうこれ以上の発表はないだろう」と思っていたら最後にまさかの情報が…。

そう、LINEが…
スクリーンショット (321)

MVNO事業に進出します!!!「LINEモバイル」の発表!!!

驚きです!ドコモの回線を使うようで通信の質には自信があるとのこと。さらにMVNOなので当然費用は安くて済みます。

スクリーンショット (322)
そして意味深な図表が…。αってなんだ…αってなんだ…!?
スクリーンショット (323)
え…?アンリミテッドLINE…?ななななんとLINEが使い放題!?αの内容が凄すぎます!
得ダネじゃないかぁぁぁぁ!

なんと月額500円から提供されるLINEモバイルでは、LINEを使用した際にかかった通信量はカウントされないとのこと。まさにアンリミテッド!

スクリーンショット (324)

さらに、え…?アンリミテッドコミュニケーション…?TwitterとFacebookも使い放題!!??
そんな大盤振る舞いがこの世で許されるのでしょうか!?
もう駄目です。びっくりしすぎて気を失…え?まだ…あるんですか…?

スクリーンショット (325)

アンリミテッド…ミュージック…(白目)。

過去、どれだけの人が音楽の通信料で苦しんだことでしょう。私も高校生のころはケータイで音楽聴きまくっていました。それでパケット代が凄いことになって親と喧嘩したり…。

新サービス「LINEモバイル」ではLINE、Twitter、Facebookで発生するデータ通信量はカウントしません。そして今後、LINE MUSICをはじめとする音楽配信サービスのデータ通信量もカウントしないプランを提供する予定だそうです。

LINE…恐るべしです。

まとめ

LINEが目指すのは「スマートポータル」ということでした。

インターネットをスマホから使う人が増えたため、インターネットのポータルもまた、スマホから使いやすいように再構築する必要がある…これまでPC中心に発展してきた数々のウェブサービスにとっては大きなパラダイムシフトになるのかもしれません。

今後、LINEがどのような世界を創っていくのか、要注目です。

ちなみにカンファレンスの内容はLINE LIVEで視聴可能なので、興味を持たれた方は是非チェックしてみてください!(リンクはココから!)

この記事を書いた人

author by 太田一誓

太田一誓

山形県天童市出身の全力ブロガー。マーケティングはもちろんIoTやシェアリングエコノミーの分野も好きで、その辺の記事も書いていこうと思います。ちなみに趣味はランニングと「信長の野望」。

投稿記事一覧