2012年のメガトレンド『NFC』をめぐる国内動向と2つの『NFC』活用サービス

2012年のメガトレンド『NFC』をめぐる国内動向と2つの『NFC』活用サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米ニュース・サイトのMashable CEO、Pete Cashmore氏が予想する2012年における3つのメガトレンドのなかに『NFC』が入っており、2012年は「NFC元年」と言われています。

『NFC』については以前、当ブログ2012年のメガトレンド、NFCを徹底復習しましょう!でその基本情報、特徴そしてNFCが搭載された電子機器でできることをご紹介しました。

今回はその後の『NFC』をめぐる国内動向と『NFC』を活用したサービスを2つご紹介します。

■『NFC』をめぐる国内動向

昨年末、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社が「モバイル非接触ICサービス普及協議会」を設立し、これまで「おサイフケータイ」の名称で提供してきたFelica規格から、世界中で使われているTypeA/B規格へと切り替え、NFCサービスの普及と活性化を促進しようとしています。

そして、KDDIは今年に入り、国内初となる携帯電話向けNFCサービスを順次開始すると発表しました。NFC(TypeA/B)対応端末で、電子マネーやクレジットなどの決済サービスやクーポン、会員証、各種チケットとして利用できる「カード機能」、NFCタグを内蔵したポスターに端末をかざすことで情報を取得できる「リーダー機能」、NFC携帯同士やNFC対応機器にかざすことで情報交換を行う「Peer to Peer機能」などを利用できるようになります。

まず「GALAXY SII WiMAX ISW11SC」(Samsung Electronics製)で対応し、機種は順次拡大する模様です。

日本航空(JAL)やカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)などが対応サービスを予定しています。JALは、事前に座席指定まで済ませておけば、搭乗手続きなしにNFC端末だけで飛行機に乗れるサービスを夏ごろに開始する予定。CCCは、TSUTAYAで新作映画情報などの店頭POPにNFC対応機種をかざすと、その映画の詳細情報が表示され、借りる前にその場で予告編動画を再生することまで可能とします。

今回の参加企業の中には決済サービスを保有する企業がいくつか含まれています。セブン・カードサービスは電子マネー決済、オリエントコーポレーション、クレディセゾン、ジャックスは決済サービスを計画しています。

これらにより今後、人々は店舗内でスマートフォンを使って商品情報を調べるだけでなく、そのまま決済までできるようになっていくことが予測されます。

その他、セブンイレブンは店舗内で高速インターネット接続を可能にする「セブンスポット」を2012年2月末までに東京23区内で1,300店舗、2013年2月末までに全国14,000店舗への展開を予定しています。

このように、高速無線通信環境が整備されることでNFCは更に普及していくでしょう。

 

■『NFC』活用サービス

taglet

taglet(タグレット) は、Nexus S / Android 2.3から搭載された新機能「NFC」を使った、新感覚の情報共有サービスです。

SUICAやPASMO、Edy,お財布ケータイなどでおなじみのFelica(NFC)に、自分の好きなURLやメッセージ、twitter ID、電話番号、メールアドレスなどを関連付けることができます。例えば、いつも使っているSUICAに自分のtwitter IDを関連付けておけば、初対面の人とAndroidを軽くタッチし合うだけでIDの交換を行うことができます。

関連付けるタグ情報はクラウド上に格納してあり、登録や削除はいたって簡単。ユーザ登録やログインも不要です。

 

Touchanote

Touchanoteは、モノにタッチすることでネット上に保存されているメモをすぐに表示して読むことができるようになるEvernote連携Androidアプリです。

その仕組みは、各種スマートフォン・パソコン・ブラウザからあらゆるメモやデータをすぐに記録・共有・検索できる「Evernote」内の情報とNFCタグとを結びつけ、タッチするだけでEvernote内のあらかじめ関連付けておいたデータをすぐに呼び出して表示するというシンプルなものです。Touchanoteは、必要な時に必要な場所でのノートへのアクセスを迅速で容易なものにしてくれます。

こちらは使い方を解説したムービーです。

「Touchanote」のタグは1枚3ドル(約230円)、10枚10ドル(約760円)、25枚20ドル(約1500円で同社のサイトから購入可能です。

操作方法などが分からない時にいちいち説明書を用意しなくても、NFCタグをその対象物に貼り付けるだけで、すぐにアクセスでき、便利ですよね。

 

このようにNFC関連のサービスも誕生しており、通信環境面も今後整備されていきます。
現在、NEC対応デバイスはAndroidの限られた機種のみですが、新型iPhoneにNFC機能が搭載されることで国内でも普及が進むと考えられます。

NFCの普及が進むことでモバイルコマース分野が成長し、更に私達の買い物における利便性が高まるでしょう。

ということで今後もNFC関連の動向に注視していき、またご紹介したいと思います。

この記事を書いた人

author by 安藤 将紀

安藤 将紀

セールスチーム所属。立命館大学映像学部でコンテンツマーケティングを学ぶ。 現在ソーシャルマーケティング特にO2Oに興味アリ。

投稿記事一覧