それぞれの目的に合わせて活用したい、個性豊かな5つの海外ソーシャルコマース系サービス

それぞれの目的に合わせて活用したい、個性豊かな5つの海外ソーシャルコマース系サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


企業やブランドがユーザーに向けて「ソーシャル化されたオンラインショッピング体験」を提案するために、それぞれの目的に合わせた機能を提供する「ソーシャルコマース系サービス」。
今回はその中でも特徴的な5つの海外サービスをご紹介いたします。

■消費者の安心とコンバージョン確保にフォーカスした『Ondango

Facebookコマースサービスを提供する『Ondango』は、その機能を非常にシンプルに絞っています。

・Facebook内で買い物を完結できる
・Facebookライクなインターフェイス
・ユーザーがアプリのリクエストを受け入れる必要が無い

Ondangoは、「アプリリクエストがあると80%の消費者は買い物を止める」という事実を発見しました。というのも、ユーザーは買い物時に個人情報が共有されてしまうのでは?という不安を持つからとのことです。そこで、決済処理はすべてOndangoのサーバ上で行うことで、Facebookが買い物情報にアクセスすることがない仕様になっています。

コメントやシェアのような機能もありますが、消費者が信頼できるソリューションを強調し、あくまでショップのコンバージョンレートを確保することにフォーカスしたサービスだと言えます。

Facebookに個人情報を抜かれない仕組み・安心・手軽さでコンバージョンを上げるという方向性はなるほどと思う一方で、それならばわざわざFacebook上でオンラインショップを開く意味って?とも個人的に思ってしまいます。

 

■ショッピングモール機能で集客を促す『Payvment

Fコマースのショッピングモールを展開する『Payvment』は、Facebook上でショップを無料で開設できるFacebook内完結型のコマースサービスです。

仮想ショッピングモール化しつつあるFacebookの状況を踏まえて、点在しているFコマースショップをひとつにまとめることを視野に置いています。無料版の他にも、2ヵ月間無料で試用できる高機能なプレミアム版があります。
「いいね!」割引機能や、充実した管理用ダッシュボード、アナリティクス機能も取り揃えられており、現在10万店ものショップが開設されているようです。

ショッピングモール機能があることで、集客を付加価値として提供できる点が魅力なのではないでしょうか。

 

■ソーシャルメディアを活用したプロモーション機能が充実した『8thBridge

8thBridge』は、Facebook内やECサイト内でのソーシャルョッピング機能を提供する大手サービスで、1-800-Flowers.com、Paramount Picture、BestBuy、ELLEなどのような主要ブランド50社、トータル30,000社もの導入事例があります。

ポータブル、パーソナライズ、参加型の買い物体験提供を目指し、Fコマース・キャンペーン・ギフト・プロモーション・イベント等幅広い機能を展開しています。

具体的には、
・Facebookのニュースフィードに直接、商品購入画面を流せ、その場で購入可能なFコマース機能
・欲しいものリスト機能
・ターゲティング・カスタマイズされたFacebookページストア
・自社ECサイト上でもFacebookアカウントでログインすることで、Facebookと同様の情報共有が可能
といったような機能があります。

8thBridgeのFコマース機能は、キャンペーンやプロモーションに積極的な企業やブランド向きかもしれません。また、その都度行われるキャンペーンの内容に左右されるので、長期的なスパンでは展開しにくいことが考えられます。

 

■リッチなコンテンツのプラットフォームを提案する『4CsX

コマース、コミュニティ、コンテンツ、コンテクストをひとつにまとめたプラットフォームを提供する『4CsX』。
・webサイト、ソーシャルメディア、Facebookストア、タブレット、モバイル等すべてを統合
・パーソナライズ、買い物体験にリッチなコンテンツ提案
といった点に主にフォーカスしています。

4CsXが提供するFacebookアプリ「ShortlistR」を使ったケーススタディをひとつ紹介します。

・クライアントである靴のオンラインショップ「Vince Camuto Shoe Closet」は、ショップのオープンを踏まえ、集客を課題としていた。
・好きなアイテム6つ選びクローゼットを作る、その中から自分に合う靴をFacebookの友人に投票してもらうアプリを提供。
・他のユーザーのセレクションが見られるギャラリー展開。
・最初の1週間で400人の女性がクローゼットを作成。それがシェアされたことで、16,000人の消費者がWebサイトに訪問。Webサイトのトラフィックの30%を占める結果に。

参考:http://www.4csx.com/vince-camuto-case-study

「クローゼット」機能はソーシャルなキュレーション型コマースのひとつで、女性やファッションの領域では魅力的かもしれません。ただ、ソーシャル化したキュレーションは直接売上につながるというより、あくまで集客のツールとして存在感を発揮できるのでは、と感じました。

 

■ソーシャルネットワークを可視化できる『ShopIgniter

ShopIgniter』は、既存のシステムにソーシャルコマース機能を構築するサービスです。Nike、Levi’s、BIRKENSTOCKといったブランド100社以上で活用されています。
具体的には以下のような機能があります。

●Social Storefronts
既存のECサイトとFacebook等のソーシャルネットワークやモバイルサイトと連携。商品情報や価格、カテゴリーなども一括で管理可能。

●Social Promotion Engine
影響力のあるユーザーをターゲティングし、効果的な商品プロモーションやインセンティブを展開。共有可能なクーポンや、個人やタイムベースのセール等を実施できる。

●Social Commerce Analytics
ソーシャルコマース、プロモーションの解析・効果測定機能。

『ShopIgniter』の特徴的なポイントは、一人のいいね!で、何人の友達がいいね!を押したか何人の新しい顧客が来たかシェアしたことでどのくらいポイントが稼げたか、など一人のソーシャルネットワークが可視化できるという点です。

こちらのPVでは、ソーシャルなアクティビティやネットワークの広がりが可視化できる様子をクールに表現していますよ。

ShopIgniter – Making eCommerce Social from ShopIgniter on Vimeo.

いかがでしたでしょうか?
一口に海外のソーシャルコマースサービスと言っても、それぞれに違ったカラーがあることがわかります。

消費者の安心とコンバージョン確保にフォーカスした『Ondango』。
ショッピングモール機能で集客を促す『Payvment』。
ソーシャルメディアを活用したプロモーション機能が充実した『8thBridge』。
コマースだけでなくリッチなコンテンツのプラットフォームを提案する『4CsX』。
ソーシャルネットワークを可視化できる『ShopIgniter』。

ソーシャルコマースに関する考察を深める際に、少しでも参考にしていただければ幸いです。

この記事を書いた人

author by 深谷 直

深谷 直

自分が知りたいなーと思ったことを全力で記事にしています。はてブとSumallyが情報収集のお供です。よろしくお願いします。

投稿記事一覧