Facebookページのタイムラインはエンゲージメントを高めているのか?

Facebookページのタイムラインはエンゲージメントを高めているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


私たちフィードフォースソーシャルチームもFacebookページをいくつか運営していますが、Facebookページがタイムライン化した時は「これで何が変わっていくんだろう?」と思いながら、とりあえずカバー写真を変えてみたりしたものでした。実際、このタイムライン化で何が変わったのか?今回は、オンライン解析サービス「Sotrender」が行った調査に関するjeffbullas.comの記事をご紹介いたします。


マーケティングのルールは変化しています。ソーシャルウェブの成長以前は、マーケティングは同時性のあるメッセージに関するもので、つまり一方通行の会話で屋上からブランドのことを叫ぶようなものでした。より大きく(より多くマスメディアにお金をかけて)叫べば叫ぶほど、お金を作り上げることができました。本質的にはシンプルなことです。
今日、世界規模のソーシャルネットワーク上の多種多様なマルチメディアでの双方向な会話によって、様々なタイプの相互作用を含むコンテンツで顧客を引き込み、それから製品やサービスを売るようになっています。

■ワンクリックから始まるエンゲージメント
Facebookの「いいね」は、ブランドとファンの接点と共鳴の最初のきっかけとなり、至るところで目にするようになっています。その関係がより深くなると、コンテンツが友達とシェアされコメントがタイムラインに残さます。見込み顧客たちによってより多くの時間と努力が費やされると、さらにその関係はしっかりと築きあげられていきます。Facebookは最近、「タイムライン」という新しいインターフェイスに改造することで、ブランドがオンライン上のファンと交流する方法を完全に新しく変えました。写真や画像を表示させるためのより大きなキャンバス、より大きなカバー写真など、ブランドを表現するために他にも多くの特徴や機能が提供されています。

■Facebookタイムラインはエンゲージメントを高めるの?
タイムラインが発表された時、自分のFacebookのマーケティング戦略を再構築し、新しいユーザー·インターフェースを攻略しなければならず、ユーザーとブランドの悲鳴が上がったものです。一般的に、こうした変化が好きな人はいません!SotrenderというFacebookのレポーティングと最適化のためのオンライン解析ツールが行った新しい研究からは、新しいFacebookタイムラインがビジネスやブランドにとって役立つかどうかに関する、いくつかの興味深い手がかりが発表されました。

■タイムライン化しても変わらなかったこととは?
この研究では、130の英国の大企業と約5000の投稿を分析した後に発表されたものです。
そこでタイムラインの発表後にも、以下のメトリックには変化がないということがわかりました。

・1日あたりの投稿数
・コンテンツ内容の配分
・ファンページあたりのエンゲージメントの高いユーザーの割合
・アクティブユーザー一人あたりのいいね、コメント、投稿の平均数
・1投稿あたりのレスポンス(いいねやコメント)の平均数
・ページをまたいだエンゲージメント(他のページでのエンゲージメントも高いファンの割合)

しかし彼らは、ある2つの変化を発見しました。

 

■タイムライン化で変わったこととは?
1.ひとつの投稿の寿命
タイムラインの発表以前は、ユーザーのコメントの半分は1時間以内のうちにされたものでした。それが今では、投稿への反応が半分に達するまでの時間は2時間半まで伸びています。
またすべてのコメントの80%は8時間半の間に残されています。(タイムライン化する前より2時間長くなっています。)

もし企業がかなり頻繁に投稿をする場合、新しい投稿はその前の投稿に対するせっかくのユーザーのエンゲージメントをつぶしてしまうかもしれません。

2.より大きくなったエンゲージメント
もうひとつの変化は顕著なものです。それは、Facebookタイムラインは投稿へのエンゲージメントを13%増加させるということです。
タイムライン化より前の平均的な投稿は158人のファンの行動を活気付けていました。それが今では179人のファンを引きこんでいるのです。

ここから言えることは、Facebookページのタイムラインへの定期的な更新を止めないでください、ということです。それは確かにエンゲージメントを高めているのです。

■あなたのFacebookページはどうですか?
新しいタイムラインはあなたのFacebookページのエンゲージメントを高めていますか?それとも下がっていますか?
あなたはビジネス用のFacebookページを更新する頻度に変化はありましたか?
あなたはこの変化に適応できていますか?

via Does the Facebook Timeline Increase or Decrease Engagement? | jeffbullas.com

いかがでしたでしょうか?
ひとつの投稿がファンの目に留まる時間が以前よりも長くなり、その結果エンゲージメント(いいねされたりコメントがついたり)が高まるのでしょうか。
タイムラインになってから個人的に、大きなイメージの写真を投稿したい!と思うようになりました。使い心地も個人のFacebookを使っているような感覚になったので、企業やブランドの情報を配信としてだけではなく、そのキャラクターを出しやすいものになったのかな、と感じます。
それぞれの企業・ブランドによってFacebookページの使い方もそれぞれだと思います。しかしせっかくのタイムライン化したので、私たちもその特性をうまく生かせる活用をしていきたいものです!

この記事を書いた人

author by 深谷 直

深谷 直

自分が知りたいなーと思ったことを全力で記事にしています。はてブとSumallyが情報収集のお供です。よろしくお願いします。

投稿記事一覧