汗と涙の全開ブログは1周年になりました – そしてフィードフォース入社から半年がたち、私たちは今。

汗と涙の全開ブログは1周年になりました – そしてフィードフォース入社から半年がたち、私たちは今。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。深谷です。
あっさりスルーしてた「汗と涙の全開ブログ1周年記念」と、
「実は私たち、入社半年経ちました記念」の意味合いを込めて、
全開ブログメンバーの安藤・川田・深谷、そしてフィードフォースの「今」を
ちょっとご紹介してみたいと思います。
お付き合いいただけると、私たちがにやにや喜びます。

■汗と涙のソーシャルコマース全開ブログ、1年の歴史
歴史と言うほど大した歴史はないのですが、
されど1年。ぴよぴよの学生だった私たちが始めた初々しいブログも、
いつの間にか繰り返しいつも読んでくれる読者の方がいるまでになりました。

▼記念すべき初投稿記事を振り返ってみる。
●安藤: 「ソーシャルギフトサービスに必要な要素とは…giftee・ミナオメ!から読み解くギフトサービス構築における重要ポイント
●川田: 「ソーシャルコマースの可能性をデータから読み解く
●深谷: 「ECサイトをソーシャル化させたZOZOTOWNに学ぶ3つのポイント

かなり気合入ってます。やや硬さがありつつも読んでいると我ながら初心に戻れますなあ。
この頃はそれぞれの記事に対して3人全員が意見を出し合って書いていました。
ブログ一記事でも、最初はなかなかうまくまとまらなくて、
練りに練って気づいたら夜が明けたこともありました。
内定者のうちからインターンとして、フィードフォースの一員として
一からがむしゃらに運営体制を作っていったのは、良い経験でした。

 

■全開ブログの貴重なヒットの歴史
いわゆる「バズ記事」というのを、この全開ブログからもちらほら出ました。
たとえばこんなのが。今見てもふるえてしまうような数字です。貴重な体験でした。

Facebookマーケターが投稿時に押さえておきたいユーザーに見てもらうための9つのポイント
短縮URL「bitly」が提案する、Twitter・Facebook・Tumblrの投稿に最適なタイミングとは?

そしてこちらのシリーズは、毎度安定のシェア数をたたき出していました。
これからの動向が気になる、今知っておきたいWEBサービス10選 vol.6

シェアの数やバズだけがすべてではない、にしても、こうした記事をあったことで、
より広くいろんな方に私たちのブログを読んでもらえるきっかけになったことは、単純にうれしかったです。

 

■そして全開ブログメンバーの今・・・
入社後半年経ち、今では3人それぞれ自分の仕事を持っております。
今回は、全開ブログメンバーそれぞれに、今どんな仕事をしているのか、今どんなサービスに注目しているのかなど、ひとこともらってきました。

▼安藤(ちなみに新婚さん。めでたいめでたい。)

●今どんな仕事をしているのか
主に『ソーシャルPLUS』と『DF PLUS』の営業をしています。
ソーシャルPLUSでは大手企業様からのご契約もいただきました!
年内にもご導入いただきますので、今からワクワクしています!

●今個人的に注目しているサービスやサイト
O2Oサービスに注目しています。今後、更にO2Oがマーケティング等で賑わいを見せると思いますが
その鍵となる『NFC』という技術は要注目です!
当ブログでもNFCについての記事がありますので、NFCに関する詳細はこちらをご覧いただければバッチリです!
2012年のメガトレンド、NFCを徹底復習しましょう!

▼川田(真ん中の少年。高校生時代はかわいかった・・・)

●今どんな仕事をしているか
現在、「DF PLUS」というサービスを新規事業として立ち上げました。
サービス概要は、商品データを外部の配信先サイト(商品検索・価格比較サイト、アフィリエイト広告、リターゲティング広告等)
に配信することで日々のデータ更新作業の負荷軽減と売上アップに繋がるものです。

配信先の開拓、プレスリリースの作成、サービスLP、メディア訪問など
一からサービスを立ち上げることがいかに大変かを身をもって感じました。

●今個人的に注目しているサービスやサイト
「NEXT INNOVATION」…日向徹がいちいち格好良い。そして、ドラマとしても面白かったし小栗旬と身長だけは一緒。笑
http://www.fujitv.co.jp/richman-poorwoman/next_innovation/

▼深谷(くつろぎ)

●今どんな仕事をしているのか
「全開ブログ・Facebookページ・Twitterの運営」を担当する他、フィードフォースのプロモーション全般を担当し、外向けの情報発信をしたり、自社サイトの企画・運用などやっています。
フィードフォースの持つ技術や思いをもっとたくさんの人に知ってもらうための見せ方・届け方・広げ方を日々模索しています。

●今個人的に注目しているサービスやサイト
WEB制作会社のデザイナーチームのリーダー「アシナガペンギンさん」のブログがすきです。くすっと笑えます。WEB関連のお仕事されてる方はぜひ、休憩の合間にでもこちらのブログを眺めて、くすっとしてみてください。
アシナガペンギン どっと ねっと

 

■フィードフォース、これからも全力です!
こんな感じで、ひよっこインターンだった私たちも、フィードフォースの一社員となり、
汗と涙をたらしたり、時に歓喜の声をあげたり、毎日ばたばたしつつも、それぞれの仕事に情熱をそそいでばく進中です。

そして、フィードフォースにもいろいろと新しい風が巻き起こっております。

まず、川田が立ち上げたデータフィードマネジメントサービス「DF PLUS」が
フィードフォースの新サービスとして今月正式リリースいたしました。
ASCII.jpの記事にも取り上げられていたりするので、
いったいどんなサービスなんだい、と思った方はぜひご覧くださいませ。
●「Google商品リスト広告で注目のデータフィードとは? | ASCII.jp

そしてオウンドメディアのソーシャル化支援サービス「ソーシャルPLUSも、
導入事例が続々できております。
フィードフォースのニュースページでもいくつかご紹介してますので、
オウンドメディアのソーシャル化って何するの、と思った方はぜひ参考にしてみてください!
フィードフォースのニュース

さらに、今月末開催されるアドテック東京にフィードフォースも出展することになりました。
「オウンドメディア」、「データフィード」、「ロングテールSEO」、「スマートフォン」の4つの切り口で
フィードフォースのサービスをご紹介します。
各サービスのフライヤーやパネルも社内制作チームと協力して作りました。
私深谷も当日会場におりますよー。
アドテック 東京(ad:tech Tokyo 2012)出展のお知らせ

 

あとあと、もうひとつちょっとお知らせを。
▼フィードフォースの技術チーム(通称FFTT)のブログがリニューアルしました!

こちらも今後コンテンツをどんどん充実させていくようなので、
ウェブ技術についてご興味のある方はぜひ。
●『feedforce Engineer’s blog

フィードフォース社員のみなさんの協力、そしていつもブログを読んでくれる方にもりもりエネルギーをもらいながら、私たち全開ブログメンバーは、ますます急成長してまいりますよ!!
私事にはなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます。
今後ともフィードフォースをどうぞよろしくお願いいたします!

 

◆改めまして、フィードフォースのアカウントたちはこちら。
FFソーシャルチームTwitterアカウント  FFソーシャルチームのFacebookページ  RSS登録はこちら

◆私たち「フィードフォース」のこと

株式会社フィードフォースは、「企業の持つ情報を適切な場所と形でユーザーに届ける」ことを事業ドメインに、RSS・メタフィードを活用したマーケティングシステムの他、「オウンドメディアのソーシャル化」を支援するサービスソーシャルPLUSを皮切りに企業の最適な情報発信のお手伝いを行います。

この記事を書いた人

author by フィードフォース全力チーム

フィードフォース全力チーム

株式会社フィードフォースの社員たちがそれぞれの専門分野、関心(時には趣味)をもとにネットマーケティングに役立つ情報を発信・共有します。 個性豊かな社員ライターたち一同、独自の知見と感性を活かし、あっつあつの情熱をもって運営中。ぜひお気軽にコメントくださいませ!

投稿記事一覧