ソーシャルメディアを利用したO2O。温泉宿のfacebook活用について。

ソーシャルメディアを利用したO2O。温泉宿のfacebook活用について。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
セールスチームの由利です。

2回目となるブログ記事テーマは、冬に恋しくなる「温泉」について取り上げてみたいと思います。
(前回のヱヴァンゲリヲンに続き、完全に好きなコトからネタを引っ張っています)

 
みなさんは温泉は好きですか?
 

観光経済新聞社による2012年度の調査結果によると、総合ランキング1位は草津温泉のようです。
小生の地元、秋田県の乳頭温泉郷も頑張っています!!

「温泉」の次に連想するコトとすれば・・・
そう!温泉宿ですね!
※温泉宿・温泉旅館と呼び方に違いはありますが、本記事では温泉宿で話を進めます。

 

温泉宿のfacebookページ立ち上がり状況

懸賞サイトで温泉宿のfacebookキャンペーンを最近よく見るなぁと思いながら、そもそも温泉宿のfacebookページってどのくらい立ち上がっているのか気になりました。

下記は確認したサイトと、それぞれ「ホテル」カテゴリで登録されている件数です。

  • facebook navi → 161件
  • FBRANK → 985件
    • facebook naviはご存じのとおりfacebook公式ナビゲーションサイトですね。
      FBRANKは個人で運営されている日本語Facebookページのランキングサイトです。

      件数を見ていただくとわかるとおり両サイトでfacebookページの登録件数が大幅に異なりますが、FBRANKに登録されているfacebookページは、facebook naviには登録されてます。

      facebookでのカテゴリは「ホテル」なので温泉宿のみの件数は定かではありませんが、サイトを見てみると、温泉宿のfacebookページがかなり多く見られますね。
      (ちなみに2011年2月時点では、FBRANKのホテルカテゴリ登録件数は23軒だったようです)
      ただ、小生が懇意にしている老舗の温泉宿がどちらのサイトにも登録されていないので、実際はもっと多く存在してると思います。

       

      温泉宿のfacebook活用方法について

      次に、facenaviで紹介されている温泉宿×facebookクーポンの事例になりますが、箱根強羅温泉「けやき荘」では実施当時のfacebookページファン数が2,000いいねだったものの、5万7,316人がクーポンを手にしたようです。
      サイトでも紹介されているように、仮に5%が来場した場合は2,800人を超える来場数になる計算ということを考えると、温泉宿×facebookクーポンのポテンシャルが感じられますね。

      ●参考:消費者のいいね!を行動に転換せよ Facebookクーポンの活用|facebookナビ

      箱根強羅温泉 けやき荘

       
      当然、温泉宿ですのでいくらfacebookで盛り上がって認知が広がっても、ユーザーに足を運んでもらう、いわゆるO2Oにつながることが必要なハズです。
      (認知が拡がって通販で温泉宿限定商品の販売数が増えるということもあるでしょうが。。。)

      温泉宿がソーシャルメディアをどのように活用して宿泊予約を増やすかというところですが、ホテル・旅館専門WEBコンサルティング会社さんの「「日本の観光業を盛り上げます」ブログ-株式会社コレリィアンドアトラクト」によると、、、

      • 若女将というキャラクターがざっくばらんに旅館の様子を伝える
      • 無料の懸賞アプリのようなツールをうまく活用
      • Facebookの運営方針を明確にし、毎週お決まりの企画を継続的に投稿
      • といった活用を工夫して行っているようです。

         
        -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
        小生は旅行が好きなのですが、観光地の他に「温泉宿」「旅館」も旅行先の決め手にしています。
        この宿の料理が食べたい!と一目惚れして観光先を決めたこともあります。

        前述の観光経済新聞社では「5つ星の宿」、旅行会社さんでは「ユーザー満足度上位の宿」といったパンフレットがあったりしますが、
        そのうち「ソーシャルメディア上位の宿」特集みたいな紹介コンテンツもできるかもしれませんね。

この記事を書いた人

author by フィードフォース全力チーム

フィードフォース全力チーム

株式会社フィードフォースの社員たちがそれぞれの専門分野、関心(時には趣味)をもとにネットマーケティングに役立つ情報を発信・共有します。 個性豊かな社員ライターたち一同、独自の知見と感性を活かし、あっつあつの情熱をもって運営中。ぜひお気軽にコメントくださいませ!

投稿記事一覧