新商品購入の意思決定に、インターネットはどのように影響を与えているのか?

新商品購入の意思決定に、インターネットはどのように影響を与えているのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新発売のお菓子やデジタルカメラ、ニューリリースのCDなどなど、まず買う前にインターネットで製品のスペックや他の人の評判をチェックするということは今や「ふつうのこと」になってきたと感じます。そこで実際に、インターネットは新商品購入の意思決定にどのように影響を与えているのか?Nielsenの調査データをもとに考えてみたいと思います。

耐久財も消費財も、まずはインターネットで調べる時代に

Global_New_-Product_Visuals_-for_Wire_4

Digital Influence: How the Internet Affects New Product Purchase Decisions
Nielsenは「新商品の認知」について、世界58か国の29,000人の回答者を対象にした調査を行いました。これによると、消費者が何か新商品を買いたいと思った時に、インターネットからの情報が購買に重要な影響を与えると感じる割合は、それぞれのカテゴリごとに以下のような結果になったようです。

  • 電子機器・・・81%
  • 家電製品・・・77%
  • 本・・・70%
  • 音楽・・・69%
  • 食料品・・・62%
  • 衛生用品・・・62%
  • 健康用品、医薬品・・・61%
  • ヘアケア商品・・・60%

また調査対象となった回答者の中でも、特にアジア太平洋、ラテンアメリカ、中東/アフリカが最も意思決定においてオンライン上の影響を受ける傾向があったようです。

こうして見ると、耐久財・消費財という区別関係なく、どんな買い物をするにしてもインターネットが身近に使われるようになってきたんだな、と感じます。
プレゼント用に美味しいワインを買おう!とか、新しくテレビ買い替えなければ!とか、いつも使ってるシャンプー変えてみるか・・・という時でも、「とりあえずネットで調べるか」と思うことは個人的にも増えてきたなあと思います。値段の高いものや「ここぞ」という買い物はもちろんですが、毎日使うような消費財についても「なるべく賢く無駄のない買い物がしたい」という思いが根本にはあるからなかもしれません。

ソーシャルメディアが購入の意思決定に与える影響

このように、インターネットが示す存在感は大きなものになってきている中、ソーシャルメディアもまた消費者が新商品を得る上で不可欠な意思決定ツールとなっています。

これについて、Nielsen Innovation Analyticsのシニア・バイス・プレジデントのRob Wegnel氏は「消費者は、インターネットやモバイルをその他の多くの伝統的な広告と同じように説得力のあるものとして徐々に認識するようになってきています。」と指摘しています。また、Wegnel氏はインターネットをはじめソーシャルメディアと消費者との関与について、次のように述べています。

ソーシャルメディアは潜在的な事柄に耳を傾けたり、将来のイノベーションの機会を特定するためのサウンド・ボードとして効果を発揮し得ます。ソーシャルメディアを当てにすることが消費財の製品の拡大を持続させていけば、テレビで想起を促したり、一対一の消費者との関係性や対話を促進させたり、消費者の声を聴くということを組み合わせていく時こそ、そのインパクトが強まるでしょう。

Digital Influence: How the Internet Affects New Product Purchase Decisions

アメリカにおいては、ほぼ60%近くの回答者が、新商品について積極的にインターネットで調査をしたことでそれをより購入したい、または多少購入したいという気持ちになると答えています。インターネット上で調査をするときに参考にするツールについては、以下のようなものがあげられています。

  • インターネットフォーラム・・・30%
  • ブランドやメーカーのWebサイト・・・45%
  • 頻繁に訪問するWebサイト上の記事・・・39%
  • ソーシャルメディア・・・30%
  • インターネット広告・・・29%
  • 動画共有サイトの動画・・・27%

もちろん、インターネットで調べれば何でも買いたい気になる、というほど簡単な話ではありませんが、「わかりやすく詳細な情報」「人からの評判、話題の多さ」が自分にとってポジティブなもので「あれば買ってもいいかな」という気持ちになることも確かにあると思います。

いずれにせよ、製品情報が掲載されたWebサイトやYahoo!ニュース、レビューサイトで話題になることの他、ソーシャルメディア上の実際の友達の発信する情報や発言が、一消費者の私たちの意思を変えるということは、もはや意識しないくらいに「ふつうのこと」になっていくのかもしれません。

この記事を書いた人

author by 深谷 直

深谷 直

自分が知りたいなーと思ったことを全力で記事にしています。はてブとSumallyが情報収集のお供です。よろしくお願いします。

投稿記事一覧