facebookページの効果測定ならここ!お役立ち解析ツール7選

facebookページの効果測定ならここ!お役立ち解析ツール7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!

企業やサークルなど様々な団体のプロモーション手法として、Facebookページを使ったものが多くなってきましたね。
こうしたプロモーションで重要なのが効果測定となってきますが、facebookに標準搭載されているインサイト機能は解析項目としてはそう多くなく、
外部の解析ツールを使うことをオススメします。
そこで今回は、facebook解析ツールを集めてみました♪

調べてみるとたくさんありましたので、今回は7個ほどご紹介致します!

●Google Analytics
無料
みなさんお馴染みのGoogle Analytics。
モバイル版の発行タグを設定ページに埋め込んでおけば、計測可能だそうです。
GoogleやUrchinで自社サイトの計測などをやっている人は便利かもしれません。
http://www.google.com/intl/ja/analytics/

●comnico Marketing Suite
一部無料
コムニコがリリースしている解析ツール「comnico Marketing Suite」
Facebookページを分析し、レポートを自動で作成するのはもちろんのこと、問題点の洗い出し、改善点アドバイスまでしてくれます。
自動で作成される月次レポートは社内報告にすぐ使えそうですね。
また、有人監視でユーザーの投稿をモニタリングし、炎上リスクの早期発見に役立ちそうです。
http://www.comnico.jp/products/

●ファン解析サービス『Fantastics(ファンタスティクス)』

ガイアックスがリリースしているFacebook解析ツール「Fantastics」。
このツールでは、標準のインサイト機能では測れない、イベントやノートといったところも解析対象としていたり、
インフルエンサーを識別して、影響力の高いユーザーを導き出したり、キーワードのバズ効果を測ったり、これ以外にも多様な解析が可能になっているそうです。
http://www.fantastics.me/

●「見える化エンジン」
有料
日本で初となるSaaS型のテキストマイニングサービスです。
Facebookファンページのウォール内コメントを抜き出して、テキストマイニングをしてくれます。
感情解析エンジンでテキストから感情も読み取り、アバターの表情で直感的に把握が可能です。
http://www.pa-consul.co.jp/service/engine/

●CLOUDPLAY
有料
insightで見られる項目に加えて、コメントのポジティブ・ネガティブ数/日別、いいね!の多かった記事などが抽出できます。
サービスは日本語対応しているので、以下で紹介するものより使いやすいかもしれません。
http://www.cloudplay.jp/

●quintly
一部無料
インサイトより詳しい情報が見られるとともに、競合についての情報も同一ダッシュボード上でいっしょに見られる便利なサービス。
多数のFacebookページの比較も可能です。
例えば、50社のFacebookページを一つの画面で比較することもできます。
http://www.quintly.com/

こちら、トーチライトさんのブログに詳しい機能などのっています。
TORCHLIGHT BLOG-「AllFacebook Statsがquintlyとして生まれ変わり、Twitterサポートが加わりました」

●simply measured
無料
FacebookのファンページのURLを入力すると、Fan数の推移、日別のファンの増加数の出力。
ウォール内コメント数・Like数、エンゲージが高かった投稿タイプなどが出力できる。CSVやイメージによるデータ抽出も可能
そのほかにも、YouTube、Twitter Google+ のようなサービスの解析も行えるようです。

http://simplymeasured.com/

以上、7つのツールを紹介しました。
この中で、みなさんの求めるツールの出会いの助けになれば幸いです!
引き続き、皆様に役立ちそうな情報を更新してまいります!

この記事を書いた人

author by 宮崎 優

宮崎 優

業界の知識を広げるために日々勉強中! 最新の情報をお届けしていけるようがんばります。よろしくお願い致します。

投稿記事一覧