web担当者なら絶対にチェックしておきたい!今注目を集める「ソーシャルログイン」とは?(1/2)

web担当者なら絶対にチェックしておきたい!今注目を集める「ソーシャルログイン」とは?(1/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、多くのサイトで見られるようになってきた「facebookでログイン」、「twitterでログイン」というボタン。
so-sixyaru
ソーシャルログインとは、facebook・twitterなどのソーシャルアカウントを使って簡単にサイトの会員登録・ログインができる機能です。
では、ソーシャルログインとは具体的にどのような機能で、サイトに導入することでユーザー・企業両者にとって何がメリットとなるのでしょうか?….意外と知られていないかと思います。

今回は注目をあつめる「ソーシャルログイン」を10月10日に弊社が開催した「Webサイトの成果を高めるソーシャルログイン活用」のスライドと共に前編・後編に分けて解説していきたいと思います!

ソーシャルログインとは?

ソーシャルログインとは、facebook・twitterなどのソーシャルアカウントを使って簡単にサイトの会員登録・ログインができる機能です。
ソーシャルログインは、SNS上にもともと登録してある情報を使用するため煩雑なフォーム入力の手間が省け、簡単に会員登録が完了し、ログインはID・PASSを入力せずワンクリックでログインが可能です。

ユーザーにとっては会員登録・ログインが便利に!ユーザーの利便性が高まれば、会員登録率がアップし、ログイン頻度も高まるので企業側にとってもメリットがあります。

ユーザーにとってのメリットって?

13

1、簡単会員登録

ユーザーにとってのメリットはなんといっても、簡単に会員登録ができるところです。
facebookアカウントに元々入っている情報を使うことができるため、「電話番号は半角入力で住所は全角入力」「メールアドレスは2回入力」などフォーム入力の際の煩わしさを軽減することができます。

2、ID・PASSを覚えなくてもよい

二つ目のメリットは、ID・PASSを覚えなくてもいいということです。
サイト独自のIDやPASSを忘れてしまっても、日頃使っているfacebookやtwitterアカウントでログインすることができます。
米国の調査によると、ID・PASSを忘れたユーザの90%がサイトに再訪することはないというデータもあります。
そんな恐ろしいデータも、ソーシャルログインで一気に解決です!
17

3、スマートフォンでの会員登録なら、さらに便利

3つめのメリットはスマートフォンでの会員登録でさらに便利になること!
スマートフォンの利用頻度が高まっている近年、サイトへのログインもスマフォでの入力が多くなっています。
しかし、スマートフォンは外出先で使うことも多く、人の多い場所では後ろからの視線も気になり、フォーム入力が不便です。
また、スマートフォンはPCに比べ文字入力が複雑などの理由から、離脱率が20%高い(※)というデータもあり、ソーシャルログインのようなワンタッチでのログインはとても需要があります。
※株式会社ショーケースティービー調べ(2011年12月9日)

企業にとってのメリットって?

1、ユーザビリティの向上により、会員登録・ログイン時の離脱率が改善

ソーシャルログインにより、ユーザーの会員登録やログインが簡単になると、サイト登録の際の離脱率が下がりコンバージョンの向上につながります。
弊社の「ソーシャルPULS」を導入したケースでいうと月次の会員登録率は20%向上し、サイトのコンバージョン数は70%向上という数値結果がでています。

2、ユーザの属性情報が把握できる

sociallogin_data2015

※2014年4月30日開催のf8にて発表されたFacebook Graph APIバージョン2.0リリースに伴い記載内容を修正しました。

また、コンバージョン向上だけでなく、ソーシャルログイン対応することでユーザーのソーシャルデータを取得することができます。
ソーシャルデータとは、プロフィールはもちろん、友達の数、ステータス(未婚・既婚)、写真、興味・関心(インタレストグラフ)などなどSNSにあげている様々な情報のことをさします。
ソーシャルデータにより顧客の詳細な情報を知ることができ、サイト内のレコメンドなどその顧客にあった情報を提供していくことができます。
このように、サイト運営者はこれまで取得できなかったユーザの様々な情報・データをマーケティングに活用することが可能となります。
11

前編のまとめ

---
・ユーザーにとっては会員登録・ログインが便利になる
・ユーザーの利便性が高まれば、会員登録率がアップし、ログイン頻度も高まるので企業側にとってもメリットがある
・ソーシャルデータの取得により、新たなマーケティング活用の可能性が

---
フィードフォースでは、ソーシャルログインを簡単に実装できるASPサービス「ソーシャルPLUS」を提供中!開発・運用コストが大幅に削減できます!
スマートフォンなど多様化するデバイスに対応しており、頻繁な仕様変更へも対応しております。

●詳細・お問い合わせはこちら

前編は以上です。
後編では、国内・海外の事例も交えて、ソーシャルデータを使用した、マーケティングの新たな可能性を解説していきたいと思います!

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

この記事を書いた人

author by 宮崎 優

宮崎 優

業界の知識を広げるために日々勉強中! 最新の情報をお届けしていけるようがんばります。よろしくお願い致します。

投稿記事一覧