話題の「Google商品リスト広告(PLA)」ってどんなサービス?

話題の「Google商品リスト広告(PLA)」ってどんなサービス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、最近注目されている広告のひとつ「商品リスト広告」についてご紹介します。

商品リスト広告とは?

商品リスト広告とは、Googleの検索結果画面に画像や商品名・価格・店舗名などを表示することができるGoogleの広告サービスです。
例えば、Googleで「レインブーツ」と入れて検索すると商品の画像や価格が表示されます。それが「商品リスト広告」です。
Googleで商品名などで検索すると表示されることがあるので「見たことある!」「クリックしたことがある!」という方も多いのではないでしょうか。
日本では、2012年6月にリリースされています。結構前ですね。

Google検索結果の広告といえばAdWordsが有名ですが、そもそもAdWordsとの大きな違いは何でしょう?

一番大きな違いは「商品の画像が表示される」ことです。
AdWordsではテキストのみの表示となりますが、商品リスト広告では画像や価格を表示することができます。
画像で訴求することができる商品リスト広告は、AdWordsと比較してより商品を訴求しやいと言われています。

PLA_image
via Inside AdWords-Japan: 商品リスト広告が日本でもご利用可能に

上記のように、Google検索結果上で画像・価格などを訴求することで、
商品を探している人・価格を比較したい人にとっては非常に強くアピールすることができます。

ちなみに、商品リスト広告はPLA(ピー・エル・エー Product Listing Ads)と呼ぶこともあります。

商品リスト広告を利用するメリットは?

Googldでは商品リスト広告には下記のようなメリットがあると発表しています。

●テキスト広告と比較しクリック率が大幅に向上する。クリック率が通常の2~3倍になることもある
●Google検索結果画面で画像や価格など商品情報が表示される。そのため、クリックした人は購入に至る可能性が高い
●AdWordsの商品ターゲットを利用することで管理が簡単
●テキスト広告とは別で表示されるため、テキスト広告と組み合わせることでリーチが拡大する

詳細はこちら
https://support.google.com/adwords/answer/2454022

百聞は一見に如かずで、テキストで表示されるよりも画像と価格で表示された方がクリックしたくなりますよね。
上記メリットにあるように、商品を探している人や価格を比較したい人にイメージ画像と価格で訴求できるので、クリック率・コンバージョン率ともに高くなります。
そのため、商品リスト広告は最近特に注目されており、実施する企業もどんどん増えてきているそうです。

商品リスト広告を実施するには?

商品リスト広告を実施するには、AdWordsのアカウントとGoogleマーチャントセンターのアカウントが必要です。
アカウントが無い場合は、それぞれ開設する必要があります。

Googleマーチャントセンターとは、商品リスト広告などで使用する商品データをアップするためのツールです。
これを利用しないと商品リスト広告に出稿することはできません。

それぞれのアカウントの役割分担は、
広告の管理はAdWords、商品情報の管理はGoogleマーチャントセンターとなります。

両方ともアカウントを開設したら、AdWordsアカウントとGoogleマーチャントセンターのアカウントを連携させます。

あとはGoogleマーチャントセンターに商品データを登録し、AdWordsで広告配信の設定を行えば、
商品リスト広告の配信ができます。広告の料金はCPC課金となります。

「Googleマーチャントセンターに商品データを登録し」とあっさり書きましたが、
実際にGoogleマーチャントセンターに商品データを登録するには、データフィードを送信する必要があります。
この、Googleマーチャントセンターへの商品データ登録の部分でつまづいてしまうケースも多いようです。

データフィードについては、後日紹介します!

この記事を書いた人

author by 澤井 和弘

澤井 和弘

神社とお笑いとITをこよなく愛するマーケッター。 マーケティングの最新動向をわかりやすく紹介していきます!

投稿記事一覧