facebookの悪い知らせや投稿に対して、「Sympathize」(同情する)ボタン導入を計画中

facebookの悪い知らせや投稿に対して、「Sympathize」(同情する)ボタン導入を計画中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

facebookでお馴染みの「いいね!」ボタンですが、悪いニュースや悲しいお知らせの投稿には「いいね!」ボタンを押しにくい、なんて経験ありませんか?

今回、facebookは悪いニュースの投稿に対して、「sympathize」(同情する)ボタンを導入しようとしているみたいです。
参考記事:Facebookers Like The Idea Of A ‘Sympathize’ Button (Keep Waiting For ‘Dislike’)
facebook_1x (1)
via Dribbble-Facebook Icon by Mads Egmose

この機能が実装されれば、投稿に対して否定的な感情の顔文字タグを付けたユーザーには「いいね!」の代わりに「sympathize」という同情の気持ちが表示されるようになるそうです。
あくまで、同情の気持ちを表すだけで、「dislike」(嫌悪感)のようなニュアンスではないみたい。

以前からfacebookユーザーからの”dislike” button を望む声も多くありましたよね。
つい最近の私のタイムラインでは、「iPhoneを紛失しました」「風邪を引きました」なんていう投稿が流れてきましたが、「いいね!」と反応するのは不謹慎かも・・・と思い、なんとなく投稿をスルーしてしまいました。
facebookの投稿では良い内容のニュースしか書いてはいけない、なんて雰囲気を感じている方もいらっしゃるかと思います。

facebookのエンジニアDan Muriello氏は、導入計画中のこの機能は同社のHackathonから生まれたものであり、「Sympathize」ボタンは悲しいニュースにのみ付けられる機能であると説明しました。
ユーザーが投稿する際に、顔文字メニューから選んで気持ちを指定した際にのみ適応される、とのことです。
Muriello氏は「だが、われわれはこのボタンを導入するのに今はまだ、必ずしもふさわしいタイミングとはいえないと判断した」と述べており、Sympathizeボタンはいつ導入されるのかは不明です。

「いいね!」ボタンの代替になりそうなオリジナルボタン

このように、コンテンツやニュースによっては「いいね!」だとミスマッチになってしまうこともあったりします。
そこでシェア数を倍増させてくれるのが、このオリジナルボタンです。
オリジナルボタンは、サイトに「いいね!」ボタンを設置する代わりに、コンテンツにあわせて「食べたい・飲みたい」、「欲しい!」「買った♪」などデザインをカスタマイズしたボタンです。
オリジナルボタンを活用すれば、自社サイトのコンテンツに合わせて独自のアクションボタンにカスタマイズでき、ユーザーにとって気軽にシェアしやすくなり、ソーシャルメディアからの流入アップといった効果が期待できます。

もりなが
http://www.morinaga.co.jp/catalog/detail.php?id=PRD2009-12-0007
ただ、「いいね!」ボタンを設置するより、「食べたい・飲みたい」、「欲しい!」「買った♪」などカスタマイズされたオリジナルボタンの方が、シェアしやすいですよね♪
オリジナルボタンに関しては弊社のサービス「ソーシャルPLUS」で提供中です!ぜひ、こちらもご覧ください。

—-
フィードフォースでは、ソーシャルログインを簡単に実装できるASPサービス「ソーシャルPLUS」を提供中!開発・運用コストが大幅に削減できます!
スマートフォンなど多様化するデバイスに対応しており、頻繁な仕様変更、オリジナルボタンへも対応しております。

●詳細・お問い合わせはこちら

ではでは…本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

この記事を書いた人

author by 宮崎 優

宮崎 優

業界の知識を広げるために日々勉強中! 最新の情報をお届けしていけるようがんばります。よろしくお願い致します。

投稿記事一覧