商品リスト広告に必要なデータフィードとは?

商品リスト広告に必要なデータフィードとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、商品リスト広告について書いたブログ「話題のGoogle商品リスト広告(PLA)ってどんなサービス」の続きとなります。「前回のブログ見てないよー」って方は、こちらからチェックしてください!

話題のGoogle商品リスト広告(PLA)ってどんなサービス

さて、本題に入りますが、今回はGoogle商品リスト広告で必要となる「データフィード」と「グーグルマーチャントセンター(Google Marchant Center)」についてご紹介します!

データフィードって?

データフィードを簡単に説明すると、「自社で保有している商品データを配信先のフォーマットに変換して送信する仕組み」のことです。配信先のフォーマットに合わせることを「データフィードの最適化」なんて呼んだりもします。

具体的には、商品リスト広告・アフィリエイト・価格比較サイトなど、各配信先のフォーマットに合わせて自社の商品データを提供することが「データフィード」です。
Google商品リスト広告であれば、自社の商品データをGoogleマーチャントセンターに登録することで、商品リスト広告に掲載することができます。

データフィードは日々最適化していくことが大切

データフィードは、一度商品データを提供すれば終わり、、ではありません。商品データも新しい商品や在庫状況などにより日々変わっています。そのため、一度商品データを作成するだけではなく、最新の情報をアップし続ける必要があるのです。
他にも、各項目に自社のデータのどの項目を反映させるかによって、インプレッションやクリック率が大きく変わります。成果を見ながら、適切な形でデータフィードに修正をかけていくことが必要なのです。

「えっ?!そんな運用できないよ!」ということでしたら、データフィードの作成を行う会社がありますので、まずは相談してみましょう。

商品リスト広告に出稿するために必要な、Googleマーチャントセンター

pla

Google商品リスト広告を利用するには、Googleが提供するツール「Googleマーチャントセンター」に商品データを登録する必要があります。

Googleマーチャントセンターは、商品リスト広告に掲載するための商品データをアップロードするためのツールです。ここに商品データを登録することで、商品リスト広告に掲載することができます。

それではここで、商品リスト広告の利用開始までの流れを簡単に紹介します。

まずはアカウントの開設

まずはGoogleマーチャントセンターのアカウント登録が必要です。その際にはGoogleのアカウントが必要なので、もしGoogleのアカウントが無い場合はGoogleアカウントを作成します。
Googleマーチャントセンターのアカウント登録の際に、いろいろな情報を入力する必要がありますので画面に従い入力していきます。アカウント設定の詳細については、下記の情報も参考にしてみてください。

参考情報:
Googleアカウントの作成方法
Googleマーチャントセンターのアカウント開設方法

作成したデータフィードのアップロード

作成したデータフィードをGoogleマーチャントセンターにアップロードします。
アップロードの方法は主に3つです。

1.直接アップロードする
Googleマーチャントセンターのデータフィードページから直接ファイルをアップロードする方法で、最も簡単でエラーになることも少なく初心者向けとされています。しかしこの場合、ファイルサイズが20MB未満という制限があります。

2.FTPでアップロードする
商品データが多い場合は、FTPでデータフィードをアップします。FTPの場合は、ファイルサイズが1GB未満です。
FTPを使ったことが無い方ですと、ここで行き詰まってしまうケースも多いようです。そんな時もデータフィードを作成している会社にお願いすると、対応してくれる場合もあります。

3.自動アップロードする
データフィードのスケジュールを作成し、アップロードする頻度、タイミング、フィードの場所を設定すると、それに応じてGoogleマーチャントセンターがウェブサイトからファイルをダウンロードし、自動でアップロードできます。

参考情報:
データ フィードをアップロードする – Google Merchant Center ヘルプ

以上の流れで、Googleマーチャントセンターへのデータフィード登録は完了です。登録完了後も、最新のデータをGoogleマーチャントセンターに日々アップし、必要に応じてデータフィードの最適化を行っていく必要があります。

Google AdwordsとGoogleマーチャントセンターのアカウントをリンクする

Googleマーチャントセンターのアカウントを開設し、データフィードのアップロードが完了したら、あとはGoogle AdWordsのアカウントとGoogleマーチャントセンターのアカウントとをリンクする設定を行います。リンクすることで、商品情報はマーチャントセンターのアカウントで、広告やキャンペーンはAdwordsアカウントで管理できるようになり、商品リスト広告の配信が可能になります。

参考情報:
商品リスト広告 – Google Merchant Center ヘルプ

商品リスト広告を活用の際は要チェック、ショッピングキャンペーン

2014年2月25日、商品リスト広告利用者向けに「ショッピングキャンペーン」という機能が正式ローンチされました。

Inside AdWords-Japan: 商品リスト広告をご利用のお客様へ:「ショッピング キャンペーン」が正式ローンチされました

これにより、AdWordsの管理画面でも商品の在庫を直接確認し、商品リスト広告の運用、入札、レポート作成を効率的に行うことができるようになるため、商品リスト広告をより効率的かつ柔軟に運用でき、より高度な最適化が可能になります。

ショッピングキャンペーンの詳細は、こちらの記事がとてもわかりやすいです!
AdWordsのショッピングキャンペーンを考える ~ admarketech.

最後に

df_main_img
フィードフォースでは、Googleマーチャントセンターに対応したデータフィード最適化サービス「DF PLUS」を提供しております。サービスページもリニューアルして、データフィードに関する様々な情報を提供しておりますので、よろしければ参考にしてください!

●データフィード最適化サービス「DF PLUS」
https://dfplus.feedforce.jp/

この記事を書いた人

author by 澤井 和弘

澤井 和弘

神社とお笑いとITをこよなく愛するマーケッター。 マーケティングの最新動向をわかりやすく紹介していきます!

投稿記事一覧