”AdSense for Shopping”がアメリカでローンチ!!!Google商品リスト広告(PLA)がAdSense枠にも掲載!!!

”AdSense for Shopping”がアメリカでローンチ!!!Google商品リスト広告(PLA)がAdSense枠にも掲載!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleの新プロダクト”AdSense for Shopping”が
アメリカでローンチ

AdSense for Shoppingとは?

PLAがWalmart.comのような第三者サイト内のAdSense広告枠に出現するプロダクトです。

これまでPLAはGoogle検索結果画面のみの掲載でしたが、同じ広告がWalmart.comのような小売サイトのサイト内検索結果画面の側面にあるAdSense広告枠にも掲載されるようになりました。

Inside AdWords  Extend the reach of your Product Listing Ads to qualified shoppers

この拡張は9月9日のGoogle公式ブログで発表されており、
現在はまだ米国でのみのローンチになります。

Google公式ブログ
Extend the reach of your Product Listing Ads to qualified shoppers

AdSense for Shoppingの特徴

ユーザーが興味関心のある商品が掲載される

広告がでるタイミングは、ユーザーのサイト内での商品検索クエリ、商品のカテゴリ、商品名と関連して決められるため、一般的なPLA同様にコンテクストに沿った形で商品が表示されます。

広告の出稿方法

PLAをやっていれば広告主の手間はほとんどなし

ここでいうWalmart.comはGoogle Search Partnerと位置づけられ、広告主がgoogleへ送る商品フィードがWalmartへも提供(オプトアウト)されることで実現します。

これはAdWords内で自動的に行うことができます。

広告主とGoogle Search Partnerそれぞれのメリット

広告主はサイトトラフィックの増加が見込める

PLAは興味のある商品をGoogle検索したユーザーに対して適した商品が露出される広告で、良質な顧客の獲得に定評があります。

それがWalmart.comのような第三者サイトでの商品検索にも対応し配信面がひろがることで、自社サイトへの流入はもちろん、サイト売上の向上も期待できます。

Google Search Partnerは送客による収入獲得、UXの向上につながる

サイトのマネタイズの新しい有効な手段になります。

Walmart.comのようなパートナー企業は当然ながら自社サイト内の広告のパフォーマンスによって収入を得ます。
AdSense枠の広告をクリックし広告主サイトへの送客が増えるほど収入も増えていきます。

その他の利点としては、ユーザーのサイト内検索に対して、コンテクストを読んだ適切な商品をレコメンドをすることによって自社サイトが保有していない商品も提示することになりサイトとしてのUXが向上します。

ちなみに今々ではGoogle Search Partnerは一部のショッピングサイトのみに限られています。

日本への拡張に備えてPLAをやってみる

これまでの流れからも明らかですが、
Googleはまず米国でローンチしたものをその後海外に必ず展開してきます。

AdSense for Shoppingについても同様で、
広告出稿側は今からPLAを使いこなして、日本でもサイト内検索に対応し配信面が増えるタイミングに備えているに越したことはありません。

Google AdSenseに媒体として登録しているサイト側の方はAdSenese for Shoppingの日本展開の時を待つしかないですが、その際には新しくAdSense for Shoppingのパートナーサイトとしての申請を出す必要があり、現状でWalmart.comのような巨大小売サイトしか認定されていないことを考えると、日本でもそれなりに規模のあるサイトのみになる可能性が高いでしょう。

PLAの今後にも期待!

PLAは今年も仕様変更やモバイルへの出稿度合いなどを何度もアップロードしており、広告主にとっては効果が高く、ユーザーに対しても社会的にも有益な広告であろうとしていることを肌で感じます。

今後もPLAの進化に期待です。

この記事を書いた人

author by 松下 大紀

松下 大紀

ITの世界は知れば知るど面白い。この業界に出会ってからというもの、直向にデジタルマーケティング界隈の勉強に励む。趣味はダンス。

投稿記事一覧